オリーブの樹ってどんな風に育つの?



オリーブにも品種はいっぱい!

日常生活では「オリーブ」とひとくくりにしてしまいがちですが、オリーブもブドウやリンゴなどの果実と同様、たくさんの品種を持っています。

一般に栽培オリーブはサティヴァ亜種、自生・野生オリーブはシルベストリス亜種に分類されるそうです。
このサティヴァ種の中でも様々な品種があり、その土地に適した品種が各地で栽培されています。
なかには特定の土地でしか生育しない品種もあるそうです。

とっても大まかに分けるとこんな感じ。

オリーブオイルにした時、品種によってまろやかだったり辛みがあるなどさまざまな特徴が出ますので、品種に注目しながらオイルを吟味するのも楽しみ方の一つ。
こんなところはなんだかワインと似ている気がします。

オリーブの樹はのんびり育つ

ワインと似ているところは他にもあります。
地中海地域ではオリーブ畑とブドウ畑が隣接している光景が結構よくみられます。
オリーブの樹やブドウの樹は生育する土壌をえり好みする事がなく、石が多く痩せていてほかの農作物には適さないような場所でも栽培が可能なので同じようなところに畑を作るのかもしれません。

加えてオリーブの樹は寒さや暑さに比較的強く、短期間であれば氷点下近い温度や干ばつにも耐えられるそうです。

オリーブは最初に実ができるまで4~5年ほどかかります。
一番大きく成長するまで、そこからさらに10~15年もかけて成長していくそうです。

最初に実をつけるまで4~5年かかるオリーブ。

成長はゆっくりですが、一度根をはれば長生きする樹で、なんと推定樹齢1000年(!)といわれるオリーブの樹もあるそうです。

もちろん生育期はなるべく育ちやすい環境下で育てなければなりませんが、大きくなるのに時間をかけた分、強くたくましい気に育つのかもしれません。

より良いオリーブの実のために

とはいえ、やはり良い実をつけるにはきちんと環境を整えてあげることが大事です。
痩せた土地でも育ちはすれど、あまり良くない実しかつけないようでは意味がありません。

きちんと整備された肥沃な土壌でこそいいオリーブが育つ。

フローラのオイルの造り手であるパスクアーレの言葉を借りれば、「生産物はその土地のバロメーター」。

フローラのオイルの造り手パスクアーレ・ディ・レーナの言葉「大地、滋味、風景」

オリーブの樹の強さによりかからず、よく肥えた土で大切に育てられたオリーブだからこそ、高品質なオリーブオイルを作り出せるのですね。
手間暇と愛情をかけてすばらしいオイルを造り出す造り手に感謝です。

製品仕様

生産者パスクアーレ・ディ・レーナ
原産国イタリア モリーゼ州
品種ジェンティーレ・ディ・ラリーノ
※ラリーノ土着品種
抽出コールドプレス(27℃)
EU有機認証
輸送空輸
収穫時期9月下旬〜11月初旬
収穫方法手摘み
粉砕ハンマークラッシャー
輸入後品質管理オリーブオイル専用セラーで保管
インポートアントビー株式会社

製品仕様

内容量15g / 80g
全成分カリ含有石けん素地、オリーブ果実油、シリカ、ハチミツ、炭、グリセリン、水、エチドロン酸4Na
製造国日本

この記事を書いた人

ColdPressPIROKI

ColdPressPIROKI

イタリアモリーゼでパスクアレとの出会いによりオリーブオイルに開眼。
お肌のためにも、心と健康のためにも、筋肉のためにもオリーブオイルが♡
プライべートでは冷たく押し潰されるのも嫌いじゃない。

1983年生まれ三重県出身♠独身♠